出会い系バーで常連客が姿を消している

 最近のニュースのキーワードとして話題を集めているのが、文部科学省の前川喜平前事務次官(63)が在職中に6年間も通い『貧困調査』をしていたことで上司から注意を受けていたと報じられた新宿・歌舞伎町にある「出会い系バー」だ。
 マスコミ関係の記者達は同店にお客として入店し文部科学省の前川喜平前事務次官と関係を持ったと思われる女性たちを連れ出しお小遣いを渡していろいろ聞いてを記事を書いているようだが、取材と好奇心で来店している人ばかりで店の雰囲気はとても常連客が買春できるような雰囲気ではなさそうだ。
 どう見てもマスコミ関係者と分かる人たちが連日来店して、店の客たちに次々と『前川氏と接点があったか』『店の中でどういう振る舞いをしていたか』など聞きまくっているようだ。
 一部メディアがまるで『援助交際の温床』のような書き方をしたため、急に女子トイレには『援助交際を持ち掛けたら即出入り禁止』の旨の張り紙まで刷ることになったようだ。実際援助交際のための店なのに。
 歌舞伎町で「出会い系バー」といえば歌舞伎町で遊んでいる輩ならすぐにピンと来るだろう。歌舞伎町で遊んでいて店の存在自体は知っている輩も今まで行ったことがない興味本位でちょっと覗いてみようかということになり、店は連日盛況のようだが……。しかし女の子を連れ出してくれる常連客は、「マスコミの人に捕まって写真でも撮られたりしたらたまらない。となればしばらくは他で遊ぶかということになる。
 もともと、管理売春容疑で内偵をされていた店である。いつ摘発されてもおかしくない。そんな見せに常連客が足を運ぶ愚かなことをするわけがない。
 文部科学省の前川喜平前事務次官のおかげで知名度は上がったが、援助交際を行う場としては、当分いつ摘発を受けても不思議でない危険な場所かもしれない。
 わたしはそんなところで買春をしようというチャレンジャーではない。
 そんなわけで、出会い系で知り合ったMちゃんと。この時期、マスコミの写真の後ろのほうにたとえ小さく写ってしまってもいやであるので、出会い系バーには近づくべきではない。

 Mちゃんのたっての希望でホテルはバリアンリゾート新宿アイランド店。女の子には人気のあるホテルである。ラブホというイメージを払拭し女の子にも抵抗なく入ってもらえるよう努力している。特に清潔さというところでは気を使っているように思えるホテルだ。

 文部科学省の前川喜平前事務次官の好みも黒髪ロングの清楚系だったようだが…M
ちゃんはまさしくそんな感じ。

 かわいい下着を着けています。ちょっとロリっぽくておじさん大興奮ですよ。

若い子のおっぱいは張りが会ってよろしい。まずはお口でご奉仕してもらいましょうか。ブラだけはずしてパンティーは脱がないでもらいます。かわいいパンティーをはいたまですとMちゃんのロリっぽさが際立って興奮します。Mちゃんは丁寧にお口で咥えて裏筋まで嘗め回してくれます。

Mちゃんのお口の中に大放出、最後の一滴まで搾り取るように吸い尽くしてくれます。でもごっくんはしてくれませんでした。ハイ。苦いからいやなそうです。

ここでかわいいパンティも脱いでもらいます。さぁ、頑張りますよ。

 まずは正常位でガンガン攻めますよ。Mちゃんは意外と大きな声であえぎます。でまたその声が高めなんですね。いやぁ、若い子の高めの声ってこれまた興奮しますね。

ここで前川喜平氏が歌いながら行ったかどうかは不明ですが『ういろから前川』という感じでガンガンつきます。Mちゃんのお尻を抱えてガンガンつきます。時々綺麗なアナルも見えます。興奮してくるとM
ちゃんのアナルはヒクヒクと穴がすぼまったり開いたりと楽しいです。

今度は、Mちゃんに上になってもらいました。Mちゃんはたくみにゆっくりと締め付けながら入れたり出したり。いきそうになるとそれを察して抜いてしまうという意地悪をしながら十分に楽しませてくれました。

 今回は出会い系で知り合ったMちゃんとでしたが、大満足でした。こんないい子と出会いがある出会い系サイト最高です。18歳未満の方のご利用はダメですよ。


 写真はイメージです。妄想です。お間違えのないように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です