時事通信社では刃物で人を殺そうとする犯罪者を応援!

28日、熊本市で男が同じアパートに住む男性に刃物で切り付ける事件があった。男は、駆け付けた警察官の発砲で、死亡した。 警察によると28日午後4時半ごろ、東区の駐車場で、近くに住む36歳の男が、同じアパートの男性
(65)に刃渡り15センチの包丁で切り付けた。 さらに男は、包丁を持って逃走した後、駆け付けた40代の警察官を倒して、馬乗りの状態で何回も
切り付けたという。 警察官は、馬乗りになられたまま拳銃5発を発砲し、男は4発を体に受けて死亡した。最初に切り付けられた男性は顔に軽傷、警察官は顔に重傷を負った。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180529-00000004-nnn-soci

御苑総合司法書士事務所 司法書士及川孝明 @gyoenlegal
タイトルに悪意を感じますね。やむを得ずの発砲でしょうに。事件ですか。
-警察官発砲、死亡はまれ=暴行陵虐致死などで付審判も―熊本発砲事件(時事通信)

ちくわ @CKW552001
警察官発砲、死亡はまれ=暴行陵虐致死などで付審判も-熊本発砲事件:時事ドットコム
熊本発砲事件とか書いてるこの記者は、自分が拳銃を持ってて刃物男に襲われても、撃たないんですかね。

織田ゴム長 @moto_koo
タイトルがおかしい。警官がやむを得ず使ったのに。それも顔を切られて瀕死の重傷をおっているのに。
普通に問題ないです。もしこういう事案に対してはデーザー銃を使用すればいい。
警察官発砲、死亡はまれ=暴行陵虐致死などで付審判も―熊本発砲事件(時事通信)

エリック・尾崎 @eric_ozaki_jp
タイトルの熊本発砲事件って書き方は何や?
報道を聞く限り、撃たなきゃ仕方ない状況に思うが。
警察官発砲、死亡はまれ=暴行陵虐致死などで付審判も―熊本発砲事件(時事通信)

小庵(骨) @_syoan
この記事の中に「熊本発砲事件」と書いてあるのを見て、ゾッとした…
まるで警官が発砲したことそのものが「事件」であるような書き方。
時事通信社はどうしても公権力を悪に仕立て上げたいようです。
警官の発砲 死亡ケースはまれ – Y!ニュース

クソリプペンギン @god_fukusuke
熊本で起きた警官が襲われて加害者が死亡した事件、ニュース記事で熊本発砲事件とか書かれてるのすごい
うーんマスゴミ!って感じ

刃物を持った基地外とも言うべき男の殺人未遂事件を、「熊本発砲事件」と命名する時事通信は赤の工作機関として仕事を忠実に行っている。このような工作期間がマスコミを名乗って印象操作を行い日本を朝鮮や中国の奴隷的地位に追いやるべく日夜活動にいそしんでいる。
 そして犯人の名前も出てこないことから、犯人の国籍は容易に想像がつくというものである。
 多くの日本の治安を守る人々がいなくなって、朝鮮人や中国人が日本でやりたい放題を行うために日夜努力している時事通信社はなんと立派なことなのかと思う今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です