【訃報】森田童子さん死去

森田 童子(もりた どうじ、1952年1月15日 – 2018年4月24日)は、日本の元女性シンガーソングライター。本名は非公開

東京都出身。学園闘争が吹き荒れる時代に高校生で友人が捕まったことをきっかけに高校を中退、気ままな生活を送っていたが、20歳の時、友人の死をきっかけに歌い始める(この亡くなった友人をモチーフにした曲がデビュー曲となる『さよなら ぼくの ともだち』である)。

1975年10月、シングルレコード『さよなら ぼくの ともだち』で、ポリドール(現:ユニバーサルミュージック合同会社)よりデビュー。

1983年までにアルバム7枚、シングル4枚をリリースし、同年のアルバム「狼少年 wolf boy」と新宿ロフトでのライブを最後に、引退を宣言することなく活動を休止する

カーリーヘアにサングラスというスタイルが特徴で、コンサートはもちろんレコードジャケットなどでも素顔を見せることはなかった。森田童子は芸名であり、本名は非公開。加えて実生活についてもほとんど公表せず、作詞した歌詞の内容もありのままの実体験ではなく願望を投影したものであるとしており、普段も寡黙で、独特の世界観を表現した作品に生活感を滲ませることを避けていた

2018年4月24日、心不全のため死去。66歳没。同年6月11日に日本音楽著作権協会(JASRAC)会報に訃報が掲載されたことで死去が明らかになった。音楽活動休止後は主婦として暮らしていたという

wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E7%AB%A5%E5%AD%90

 彼女をはじめてみたのが、『新宿 ライヒ館モレノ』多分もうない。高校のとき知人に教えてもらい、発売されるたびにLP(その当時はまだレコード)を買ったものだ。
 暗い、そんな暗さがまだ時代が求めていたのかもしれない。折れそうな身体から発せられる声は悲しい異世界から聞こえてくるような、非現実さがあった。
 総てが謎に包まれ消えていった彼女。多分いいところのお嬢さんだったと思う。そう考えると彼女の才能・そして謎に包まれた私生活。それらが垣間見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です