韓国では日本の企業で働くことは屈辱である

中央日報から2002年に刊行された「ニーハオ中国経済」という本の223ページに以下のような記述がある。

大連の日本企業の中には、スター精密のように韓国から工場を閉鎖して移ってきた企業が少なくない。大抵は、労使紛争に悩まされ賃金上昇に押されて韓国を離れる。撤収する過程でも困難が多いという。スター精密は、それでも比較的すんなり離れた方だ。匿名を求めたある日本の企業家は、「韓国から撤退する過程で労働者から正規の退職金と慰労金に加えて、韓国人として日本企業で仕事をした屈辱感を補償するように要求まで受けた」と述べた。彼らから聞く事情はそれぞれで若干の違いはあるものの、結論は異口同音だ。「韓国から離れて、中国に来て良かった」ということだ…

 日本人が韓国人を雇うということは韓国人に屈辱を与えているのだ。正規の退職金と慰労金+屈辱費がかかることを日本の経営者は忘れてはならない。
 とにかく韓国人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です