この技術をオナホに流用したら素敵!

日本電産は3月3日、広く一般にモーターのことを知ってもらい、新たなモーターの可能性を提案するプロジェクト「Moterize」を立ち上げたことを発表した。それが、自動ペットボトルキャップ開けシステム「SMART PET BOTTLE」だ!


http://news.mynavi.jp/news/2017/03/04/043/
 道に落ちたキャップを拾って、また自転車を必死にこぎだす彼女、この自転車が電動でないところがいい。


 このサイズでのモーターのトルクとしては、なにげにすごい気がするんだけど、どうなのかな?

 無駄!くだらない! 
 こういうジョークはすきなんだが。
 まじめにこれに反応している感性がよく言えばまじめな日本人、でもこういうくだらないものを作って遊べる企業ってちょっと楽しいかも。真面目にこういうくだらないことをできることが新しい発明につながるんじゃないかな。
 無駄なこととみんなが馬鹿にするような技術の使い方がヒントになって画期的な商品が生まれるわけだし、でもその無駄な技術のほとんどは単なる無駄で終わるのだけど、やはり無駄を許容できる心が天才を生むんだと思う。
 優れたモーターを作っている会社が、そのモーターと多くの人が普通に使っているスマホ、組み合わせ次第でどんな便利なものが生まれるかわからないという可能性。柔軟な思考がこれからの日本の未来、そして世界を変えていくわけだ。
 こんなくだらないもののGOを出す日本電産は何気にいい会社かも知れない。

 こっちのほうが便利かも。

 ペットボトルキャップの電動オープナー売ってた
http://amzn.asia/07070i2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です